旅費に関する規程


第1条 目 的
この規程は、同窓会会員が、同窓会会長の依頼により同窓会業務を行うため旅行する旅費に関して必要な事項を定めるものとする。

第2条 旅費の支給
会員が出張する場合には当該会員に対し旅費を支給する。

第3条 旅費の種類
1.旅費の種類は、鉄道賃、航空賃、車賃、1日の費用弁償(以下「日当」という)、半日の費用弁償(以下「半日当」という)及び宿泊料とする。
2.鉄道賃は鉄道旅行について路程に応じ旅客運賃等により支給する。
3.航空賃、航空旅行について路程に応じ旅客運賃等により支給する。
4.車賃は、陸路(鉄道を除く。以下同じ)旅行について路程に応じ旅客運賃等により支給する。
5.日当は、業務を行った日数に応じ1 日当りの定額により支給する。(移動のみは半日当)
6.半日当は、業務を行った半日当りの定額により支給する。(近隣地域)
7.宿泊料は、実費により支給する。

第4条 旅費の計算
旅費は、最も経済的な通常の経路及び方法により旅行した場合の旅費により計算する。但し、天災その他やむを得ない事情により最も経済的な通常の経路又は方法によって旅行し難い場合には、実費とする。

第5条 鉄道賃
鉄道賃の額は、旅客運賃、急行料金及び特別車輌料金(これらのものに対する通行税を含む)並びに座席指定料金による。

第6条 航空賃
航空賃の額は、航空運賃、ジェット特別料金及び空港・市内間の運賃による。

第7条 車 賃
車賃の額は、実際に支払った実費額による。

第8条 日 当
1.日当の額は8,000 円とする。
2.半日当の額は4,000 円とする。

第9条 宿泊料
宿泊料の額は、上限として東京30,000円、他地域20,000円とする。

第10 条 事故時の扱い
旅行中、万一事故が生じた場合、当該人及びその関係者、同窓会並びに当該人が使用した乗物の関係者等で誠意をもって解決する。

第11 条 その他の事項
この規程に定めのない事項については、役員会で審議決定し、幹事会へ報告する。

附 則
①この規程は、昭和60 年1 月19 日より施行する。
②平成 10 年 7 月 26 日一部改正。
③平成 15 年 5月18 日一部改正。
④平成 25 年4月 28 日一部改正。