■ 平成29年度大阪薬科大学市民講座のご案内


 人の健康への願い、医療や福祉のありかたは、生活の質の向上とともに大きく変わろうとしています。こうした市民の方々の要請に応えるため、本学では医療の一端を担う立場から、医薬品や健康についての理解をより一層深めていただきたいとの趣旨で、年2回定期的に市民講座を開催しています。市民講座では、「くすりの相談室」を併設し、第一線で活躍中の薬剤師が、日頃のくすりに関する悩みや疑問などの相談に応じています。また、本学自慢の薬用植物園や図書館、資料展示室をご自由にご見学ください。
※日本薬剤師研修センター1単位付与予定です。

プログラム
 テーマ:「認知症とくすり~創る側と使う側から~」
 日 時: 平成29年9月16日(土)13時00分~16時10分(受付12時~)

 ○13時10分~14時30分:「脳はまだまだ大丈夫!~認知症の上手なケアと予防~」
             国際医療福祉大学医学部 神経内科 主任教授 村井 弘之

 ○14時50分~16時10分:「アルツハイマー病治療薬開発の夢を追って」
             同志社大学 脳科学研究科・神経疾患研究センター 教授 杉本 八郎





第44回市民講座
平成29年9月16日